So-net無料ブログ作成

与謝野氏除名の可能性 谷垣氏、舛添氏への批判も(産経新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は15日午前、党所属全国会議員を対象とした両院議員懇談会を開き、新党「たちあがれ日本」を結成した与謝野馨元財務相や、新党結成をちらつかせる舛添要一前厚生労働相らに対し「非情にならなければ(党運営を)乗り切れない」と述べ、厳しい姿勢で臨む方針を明らかにした。離党届を出している与謝野氏らの処分を検討する党紀委員会は21日に開催されるが、除名の可能性も出てきた。

 出席者からは、自民党比例代表で当選した与謝野氏への除名処分を求める声や、舛添氏に選対本部長代理を打診した執行部への批判が相次いだ。大島理森幹事長は懇談会終了後、記者団に対し、舛添氏から今後の政治姿勢について事情を聴く考えを明らかにした。

【関連記事】
「八方ふさがり」の舛添氏 人気者との連携に活路を求めたが…
小沢氏、与謝野氏に「また碁でもやろう」
自民党崩壊の始まり?保守再生へ大胆な提案
与謝野氏「たった一回のわがまま、お許しいただきたい」
橋下府知事、「舛添新党」応援は大阪のためになるかで判断

火山噴火 政治、スポーツ、芸能活動にも影響(産経新聞)
<脳脊髄液減少症>保険診療対象の周知徹底、自治体に通知へ(毎日新聞)
<間寛平さん>アースマラソン一時中断 米で治療(毎日新聞)
「訓練充実、不安ない」=長期滞在予定の古川さん(時事通信)
女子高生80人「痴漢と戦います」撲滅へ出発式(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。